« NHKの不払い70万件 | Main | 東電に株主代表訴訟?時系列で整理 »

こんなトラックバックは嫌!への投稿

「何でもかんでも総ブログ化計画」の「こんなトラックバックは嫌!」への投稿です。
私はブログを始めるにあたって、ブログのマナーについて調べてみました。
コメントは、掲示板に代わるもの、という考え方が運営者と訪問者、個々の運営者に共通しているようです。

問題なのは、トラバです。

マナー集には、トラバするときは、自分の文中に相手の記事へリンクすることと書いてありました。
これが原則らしいです。

ふん、ふん、とうなずいて、ココログのトラックバック野郎などでトラックバックの練習をしました。
実際にトラックバックをやってみると、上記の原則を必ず守るならば、ブログの長所を生かしきれない面がでてくることに思い至りました。
たとえば、記事Aをアップした後で、他の人の書いた記事Xに共感する点があって、トラバしたいと思ったとします。
原則を忠実に守るならば、トラバする前に既に書いてアップ済みの記事Aに手直しする必要がでてしまいます。
一度書いた文章を後から変えると、文脈が変になりませんか?
そして何より・・・面倒くさくないですか?

私は、ブログの長所は、いつでも誰でもトラックバックをして、関連するブログがどんどんつながっていくことだろうと考えています。
なので、常に自分の記事Aに言及していることをトラックバックの条件にすることは、ブログの利点を損なうことになるのでは思うのです。
確かに拙い文章に触れていただければ、天にも昇る心地がすることでしょう。
一方で、関連したネタについて、色んな考えの方とネット上で意見交換することもブログの醍醐味です。
私自身は、十人十色の意見交換の交通整理をするには力量不足ですが、色んな意見に触れてみたいなと思っています。
内容に関連性があって、リンクがあるのが理想的なトラックバックには賛成ですが、まあ臨機応変に「ネタに関連性があること=トラックバックの必要十分条件」でもいいのではないかと。
これくらいで勘弁しちくれ、と。

次に「何でもかんでも総ブログ化計画」であげられている論点について、書いてみます。

*無関係な記事へのトラックバック
宣伝スパムや全く関連ないトラックバックは「トラックバック送信URLの記述間違い」とみなして、削除することもあります。(まだ、もらったことはありませんが)

*相手記事へのリンクなしトラックバック
言及があれば嬉しいですが、ある程度の関連性があれば、気にしないです。

*トラックバックへのお礼
私自身に対しては、特に、いらないです。
トラックバックをくれた相手先に対しては、相手に合わせるようにしています。

「何でもかんでも総ブログ化計画」にもトラックバックについて色々な意見があって、参考になります。

« NHKの不払い70万件 | Main | 東電に株主代表訴訟?時系列で整理 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50591/3327691

Listed below are links to weblogs that reference こんなトラックバックは嫌!への投稿:

» 【発表07】こんなトラックバックは嫌!受け手の本音を赤裸々に(1) [何でもかんでも総ブログ化計画]
 トラックバックのマナーについては、やはり今のブロガーにとって大きな関心事のようです。今回のお題については、多くのトラックバックをいただきました。  トラック... [Read More]

« NHKの不払い70万件 | Main | 東電に株主代表訴訟?時系列で整理 »