« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

ピープルツリーのホワイトバンド

グローバル・ヴィレッジから、秋冬の商品カタログ「ピープル・ツリー」が届きました。
グローバル・ヴィレッジは人と環境を考え、貿易を通じて途上国の生産者の人々を支援する活動をしている団体です。
私は「あなたの買い物が世界を変える」という活動趣旨に賛同し、そして何よりも商品そのものの魅力にひかれて、以前から商品を購入しています。
「この秋冬は何があるかな」とカタログをぱらぱらとめくってみて、ピープル・ツリーのホワイトバンドが発売されたことを知りました。
FAIR TRADE NOWとプリントされたホワイトバンド(写真のもの)を購入することによって、実際に生産者を支援することができます。
pt-wbs

Continue reading "ピープルツリーのホワイトバンド" »

東電の株主代表訴訟

東京電力への株主代表訴訟については、今年3月に書いて以来、株主総会後も、音沙汰がなかったので、もしかしたら株は売って、訴訟もやめてしまったのかと思っていました。
フジテレビとライブドアは仲良く握手し、堀江社長は衆院選挙に立候補して、TOBに対する世間の興味は薄れてしまいました。そして、経営陣は会社に与えた損害を償え、と訴えたとしても、株主本人には直接的な利益は入ってきません。わざわざ茨の道を歩くこともないと決めたとしても、仕方ないことだと思っていましたが、取りこし苦労だったようです。
東電株主が代表訴訟 「フジのTOB応諾で1億円損害」

Continue reading "東電の株主代表訴訟" »

衆院選挙・民主党

「週刊!木村剛」では今回の解散について色々な意見が紹介されていますが、私は小泉首相が衆院を解散させるようなことになれば、民主党にとって政権獲得の千載一遇のチャンスがめぐってくると予想していました。
どんなに優れた国家体制であっても、同じ政党が何十年間も政権与党にいれば、自ずと機能不全に陥るので、政権交代は必要です。
そのため、9月の選挙では民主党にガンバッテもらいたいと思っています。
それだけに、解散後の民主党のダメっぷりを嘆いています。

Continue reading "衆院選挙・民主党" »

DOD2 一周目クリア

やっとDOD2を再開することができました。6章からのスタートです。
カイム戦から始まって、どこまでいけるかなあと思っていたら、意外なことに第1EDまでいくことができました。
第9章についての感想です。

Continue reading "DOD2 一周目クリア" »

衆院選挙・うっかり感動

政治家というのは、何かしら政治的な信念をもち、それを国会で主張して実現に向けて働く職業人だと思うのですが、「議員」という地位につくことが「政治家」の必要十分条件と思っているような人が多いと感じます。
議員になることは手段であって、なってから何を主張するかが大事だと思うのですが、地元の運動を優先させて国会を欠席したり、居眠りしたりしているのは、器をつくって魂入れずってやつです。
そんな状況に慣れていたところ、真っ向から信念勝負をしかけられて、うっかり心揺さぶられてしまった次第です。

Continue reading "衆院選挙・うっかり感動" »

« July 2005 | Main | September 2005 »