« September 2007 | Main | December 2007 »

October 2007

弦月楼奇譚・2巻

本屋の「耽美」コーナーで買いました。買い手にやさしい(?)売り場に感謝です。近くに杉浦日向子さんの復刊本も置いてあり、コーナーに和の雰囲気が漂っていました。
さて、中身ですが、2巻は若旦那と与三郎の間柄に話が移ってきたこともあって、全体的に色っぽくて、とてもよかったです。
特に「吸いつけ」という小道具を鍵にしてあるお話があるのですが、花街の風習と絡めた話の作り方には、にくいなあ、うまいなあと感嘆しました。このトリビア自体はまったく知らなかったので、あとで調べましたが、わかってから読み返すのも、楽しかったです。
こういう隠しがわかるようになるなら、歌舞伎をみるのもいいかな、なんて、新しい世界への興味もかきたてられています。

あとがきマンガで、若旦那の分け目は左わけだったのをカラーページで右わけに描いてしまい、真ん中わけから徐々に左わけに戻す・・・という苦心があったことが明かされています。観察力の鋭い方は一目で見破るのでしょうが、私はまったく気付かずでした。それよりも、分け目がどっちだろうが、若旦那のビジュアルさえよけりゃいいので、真ん中わけの若旦那は、ぱっとしなかったことのほうが、強いていえば不満でした。
分け目なんてどっちでもいい。若旦那がいい男でさえあれば。

« September 2007 | Main | December 2007 »