« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

今度は帯状疱疹

めまい専門の先生のアドバイスにそって、楽しく犬の散歩をしていたら、いつのまにやら耳鳴りが消えていました。強いストレスを感じたときや、極度に寝不足のときは、かすかにザー音が聞こえてきますが、「自律神経がへたれているんだよ」と自覚して、ゆっくりするようにしています。

けっこう無理をしないようにしてきたつもりでしたが、まず足の裏がぴりぴりして健康スリッパが痛くなり(2日くらい)、次にももがざわざわぴりぴりして(1日)、さらに足の付け根のスジが数秒間隔でずきんずきんと痛んで歩けなくなったので病院(最初は内科)へ行ってしっぷと痛み止めもらって2日たっても変わらないので、整形外科へ行って筋肉をほぐす薬を飲んだところで、右のおしりから足先まで、足の裏をすいほう混じりの発疹がばばっと出ました。
あまり急にでたので、筋肉ほぐす薬の副作用かと思って次の日も同じ整形外科にいったところで、ヘルペス(帯状疱疹)と診断されました。
整形外科だから、皮膚科のある病院へ転院するのかな、と思ったら、その場ですぐに採血して、軟膏塗ってくれて、内服薬の処方箋をだしてくれました。それから毎日、通院して先生が状態をみて、看護師さんが軟膏ぬってくれています。ピークのときの通院は正直ちょっときつかったけれど、混んでいても、行くとできるだけすぐに処置してくれて、発疹はでた後も広がったので、毎日、先生が確認してくれるので安心感がありました。
リウマチ科、リハビリテーション科、ペインクリニックがあって、高齢者の患者が多い医院だったから、帯状疱疹にも馴れてるのかな、という印象です。

採血結果では、肝・腎ほかの機能は二重丸で、私の年代で考えられる原因は「疲れ」ということでした。疲れ・・・ですか。思い当たる節、ありまくりです。(決して犬ではありません)
でもさ、疲れの原因が、理解してくれてないんですよね。今回についても、最初は「日ごろから体を動かしてないからだ」とか言ってましたし(これ以上、どうしろと!心の叫び)。

帯状疱疹はすっごく痛いと聞いていましたが、私には、発疹でるまでの神経痛が強烈でした。数秒間隔で刺し込み痛がきたんですけど、痛い止めを飲んでいても、歯をくいしばるほど。痛みに弱いので、呻いたり、ちょっと泣いたりもしてしまいました。(^^ゞ

« May 2008 | Main | July 2008 »