« 090522 英国航空に記録的損失 | Main | 090527 北朝鮮、停戦放棄か »

090525 働いて、痴呆症予防を

5月25日は、科学分野の記事です。
元記事と音声ファイルは、こちらです。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/

1. タイトル
Working protects against dementia
働くことは、痴呆症の予防となる

2. 要旨
Research suggests that carrying on working into old age can help protect against dementia. A study in the International Journal of Geriatric Psychiatry concludes that extended employment has a positive effect.
研究によると高齢まで働くことは痴呆症の予防に役立つという。老年精神医学ジャーナルに掲載された研究によると、長期雇用はプラス効果があるという。

3. 記事
The study looked at nearly 400 men who developed Alzheimer's disease. It assessed the time they spent in full-time education, the type of work they did and the point at which they retired.
この研究は、400名近くのアルツハイマー病を発症した患者を対象としたものである。教育を受けた時間、就業した労働のタイプ、退職した時を調査した。

The researchers detected no link between the onset of dementia and education or occupation. But they found that every extra year at work was associated with a six week delay in Alzheimer's. They say this point to the value of keeping the brain active by working.
研究者たちは、痴呆症の発症と教育や職業との間には、なんらの関連性も見出さなかった。しかし、彼らは、一年長く働くことと、アルツハイマー病の発症が6週間遅れることには、関連性があることを発見した。彼らによれば、働くことは脳の活動を維持することに役立つという。

They also acknowledge that the nature of retirement is changing, and for some people it may be as intellectually stimulating as working. The Alzheimer's Research Trust, which funded the study, says more people than ever retire later in life to avert financial hardship, but there may be a silver lining: lower dementia risk. However it says much more research is needed in order to understand how to delay or prevent dementia.
彼らはまた退職の本質が変わったことも認める。退職しても、働くことと同等の知的刺激を受けるという人々もいるということだ。この研究に資金提供をしたアルツハイマー 研究基金によれば、より多くの人々が経済的に苦しいために退職を遅らせているというが、そこには希望の光もあるかもしれない‐痴呆症のリスク低減という。しかし、痴呆症の発症遅延と予防には、さらに多くの研究が必要だ。

« 090522 英国航空に記録的損失 | Main | 090527 北朝鮮、停戦放棄か »

ニュース」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事