« 090617 アクロポリス美術館の論争 | Main | 本格的に読み始めて一カ月 »

090619 斜陽化するカナダのアザラシ猟

090619の教材です。アザラシがメインのようですが、EU法について知らないとけっこう難しい内容だと感じました。
EU法は、選択科目で履修したのですが、今となっては、どうして単位がとれたのか不思議・・・。
音声、語彙はこちらにあります。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/

1. タイトル
Canada seal cull dwindles
斜陽化するカナダのアザラシ猟

2. 概要
Canada's annual seal hunt has ended with only a quarter of the annual quota of seals being caught. Fishermen blame plummeting prices for seal pelts and an impending EU ban on seal products expected to come into effect in October. Lee Carter has this report from Toronto:
カナダの年間アザラシ捕獲高は、年間割り当てのわずか4分の1に終わった。漁師たちは毛皮価格の急落と10月に施行されるEUでのアザラシ製品の販売禁止法のせいだと言う。

3. 記事
Many hunters from fishing communities in eastern Canada didn't even bother taking their boats out for this year's seal hunt. The market price for a seal pelt is around 12 US dollars, a steep decline from a peak of 100 dollars a pelt a few years ago. The seal quota had been set at 273,000, but this year those who ventured out barely took 70,000.
カナダ東部の漁業従事者からなる猟師の多くが、今年のアザラシ猟を取りやめた。アザラシの毛皮の市場価格は12米ドル前後と数年前の最高価格100米ドルから急速に落ちこんでいる。アザラシの年間割り当ては27万3千頭だが、今年はあえて猟をした者もせいぜい7万頭にとどまる。

The depressed value of the Russian rouble and the subsequent erosion of one of Canada's largest markets for seal products, is partially to blame for the decline in numbers. China is another major customer, also reeling from the global recession.
ロシアルーブルの価値低下とカナダ最大のアザラシ製品市場の浸食が、量的な減少の原因の一端である。中国も主要な取引国であるが、同じように世界的景気後退の中でよろめいている。

But it's clear that the prospect of a European Union ban on seal products and growing international disdain for the hunt is becoming a major factor in its near collapse. The European parliament passed the ban in May, but it still needs the backing of EU governments. That is expected to be a formality.
しかし、EUにおけるアザラシ製品の販売禁止法と増しつつある猟への国際的嫌悪が、このほとんど崩壊とも言える状態の主要な原因であることは明らかである。欧州議会は5月に禁止法を可決したが、EU加盟の各国政府を支援する必要がある。自動的に受け入れられることが期待されている

Canadian fisheries officials admit that they have an uphill battle in what has become an emotional international debate. Animal rights groups have successfully campaigned for decades against the seal hunt. The annual kill has been a source of critical seasonal income for fishing communities already hit hard by dwindling fish stocks. But some here are wondering if this could be the beginning of the end for the centuries-old practice.
カナダ漁業省の役人たちは、世界的な感情論に囲まれた逆境で戦っていることを認めている。動物の権利団体は、ここ数十年の間、うまく反アザラシ猟運動を展開してきた。漁業年間捕獲数は、やせ細る漁業資源によってすでに手痛く打たれている漁業従事者たちにとって、重要な季節収入である。しかし、これが数世紀にわたる慣習の終わりとなるのかと懸念する声も聞かれる。

雑感
捕鯨でやり玉にあがることが多い国の国民としては、カナダ政府の苦境はわかるなあ・・・という感じです。
捕獲割当27万頭も、この記事だけで見ると多いような気がしますが、同海域での生息数は6百万頭ということです。下記リンクがBBCニュースの元記事だと思いますが、こちらにはカナダ政府や漁業者側の立場も詳しくのっていて、考えさせられます。
http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/2/hi/americas/4844008.stm

EU法について
EU法(広義)とは、EU条約とその実施措置など(狭義のEU法)と、EC法条約とその派生法から成る混成的な法体系です。
EU法は原則として加盟国によって、執行されます。formalityは条件とかつけずにそのまま執行せよ、という意味かと思います。

« 090617 アクロポリス美術館の論争 | Main | 本格的に読み始めて一カ月 »

英語」カテゴリの記事