« 090608北朝鮮、アメリカ人ジャーナリストを投獄 | Main | 090612アメリカ、デジタル放送移行へ準備中 »

090610今、そこにくる100万番目の英単語

今回は、英語の話題です。英語の勉強で英語の話題・・・当たり前といっちゃそうなんですが、英語圏での生活経験がないので、こういう普通の言い回しの多い文章、というのも苦手です。まー、得意分野もないのですが。
これまで自分でアップしたのを読んでいたら、「ここは語彙を参考にしたよー」とわかるようにしておかなかったので、辞書で調べたのか、語彙を参考にしたのか、わかんなくなっちゃいました。
それも具合が悪いので、語彙にあったものは太字にしました。(詳しい語彙のほうは、下のURLにあります。まるまるもってくるのはまずいかなーと思って、引用してません)
それと、アメリカ英語とイギリス英語はつづりや言い回しが違うことがあるのですが、そういうのには下線をひくことにしました。今回はorganisationがイギリスつづりです。アメリカではorganizationです。

元記事、語彙、音声はこちらにあります。www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/

1. タイトル
090610 Millionth English word imminent
今、そこにくる100万番目の英単語
(映画の日本語タイトル「今そこにある危機」からの思いつき)

2. 要旨
It is being claimed that the millionth word in the English language is about to be created. A US company which follows the use of language on the internet has made the prediction. However, traditional dictionary makers aren't so sure…. Lawrence Pollard reports:
英語の100万番目の単語がこの瞬間にも生成されつつあるという。インターネットでの言語使用をモニターする米国の会社の予測である。しかし、伝統的な辞書編集者はそれほどの確信は抱いていないようだ。

3. 記事
The idea of the millionth word entering the English language is a brilliant bit of public relations for Texas-based Global Language Monitor. GLM runs a powerful search service which monitors web traffic. They make their money telling organisations how often their name is mentioned in new media, such as the internet.
100万番目の単語が英語に現出しつつあるという考えは、テキサスに本拠をおくグローバル・ランゲージ・モニター(GLM)社の才気ある広報活動の一端である。GLM社はインターネットのアクセス数をモニターする強力なサーチサービスを運営している。インターネットなどの新メディアで名称が言及される頻度を組織に告げて利益を得ている。

What they can also do is search for newly coined words. Once a word has been used 25,000 times on social networking sites and such like, GLM declares it to be a new word. By their calculations a new word is created in English every 98 minutes, hence the estimate that the millionth word is about to be created.
また、GLM社は新しく作出された、または初めて使われた単語を探すこともできる。ある単語がSNSなどのサイトで2万5千回使われると、GLM社は新しい単語と発表(認定のほうがいい?)する。GLM社の計算では98分にひとつの新しい単語が作出されており、そうすると、100番目の単語が今まさに作出されようとしていると見積もられることとなる。

If you talk to lexicographers, however, dictionary professionals, they tell a slightly different story. Dictionaries have tighter criteria about what constitutes a new word, for example, it has to be used over a certain period of time. Lexicographers will tell you that the exact size of English vocabulary is impossible to quantify, but if you accept every technical term or obscure specialist word then we're already way beyond a million.
しかし、辞書編集者、つまり辞書の専門家に聞いてみると、彼らの見解はいささか違っている。新単語について、辞書はより厳格な基準を設けている。たとえば、使用期間などである。辞書編集者は、英語の語彙を正確に計ることは不可能だが、技術用語や一部の人しか知らない専門用語をすべて計算に入れるなら100万をはるかに超えると言う。
And if you restrict inclusion of specialist slang, then there are possibly three quarters of a million words in English. All of which is way beyond the 20 - 40,000 words that a fluent speaker would use, or the few thousand you could get by with in English. Basically with 1.5 billion people speaking some version of the language, it's small wonder English is the fastest growing tongue in the world.
略語を含めなければ、75万ほどになる。これらは流ちょうな英語通話者が使う2万から4万単語や英語でなんとか意思疎通できる1000ほどをはるかに凌ぐ。基本的に15万の人々がなんらかの変形語で話しているのだから、英語が世界で一番早く成長する言葉であってもなんら不思議はない。

« 090608北朝鮮、アメリカ人ジャーナリストを投獄 | Main | 090612アメリカ、デジタル放送移行へ準備中 »

英語」カテゴリの記事