« 090722 日食は不吉 | Main | 090727西アフリカインターネット会議 »

090724 東アフリカに高速インターネット到来

09年7月24日の教材です。音声、語彙はこちらです。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/07/090724_wiitn_internet.shtml

1. タイトル
090724 東アフリカに高速インターネット到来
East Africa gets high-speed internet

2. 概要
One of the great barriers to doing business in Africa is the poor communication links.
However that's all about to change, as several undersea fibre optic cables bring broadband internet to the region. Will Ross reports from Nairobi:
アフリカで事業をする際の大きな障害のひとつは、情報リンクの貧弱さである。しかし、海底にひかれた光ファイバーケーブルがこの地域にブロードバンドインターネットをもたらしたため、変化の時を迎えようとしている。

3. 記事
It has certainly been an ambitious project, laying a seventeen thousand kilometre fibre optic cable under the sea, linking Europe and Asia with East and Southern Africa. In a few weeks there should be fast broadband internet in Kenya, Tanzania, Uganda, Mozambique and South Africa. The Tanzanian president, Jakaya Kikwete, gave a live telecast across the region and trumpeted the event as a major breakthrough.
まさに野心的なプロジェクトだ。17000キロにわたる光ファイバーケーブルを海底にひいて、ヨーロッパとアジアをアフリカ東部と南部につなげようというのだから。あと数週間でケニア、タンザニア、ウガンダ、モザンビークそして南アフリカに高速ブロードバンドがもらされる。Jakaya Kikweteタンザニア大統領は地域全体に向けて、この出来事を大きな突破口だとTV実況で誇らしげに伝えた。

Jakaya Kikwete 大統領
When the whole of Tanzania ..., we be brought into the modern age of communications, ecommerce, e-medicine, e-government, e-everything - that will be the greatest thing in our history.
タンザニア国民のみなさん、我々に現代の情報通信がもたらされるのです。電子商取引、電子医療、電子政府、すべてが電子です。我々の歴史でもっとも偉大なできごととなるでしょう。

Here in Kenya there will be a huge sigh of relief. I've just been to the fifteenth floor of an office block where a frustrated Benjamin Waithaka works as an animator. He designs 3 D websites that often can't even be opened because of the slow internet and when he creates designs for clients he can't send them over the net, he has to battle Nairobi's traffic jams to deliver them by hand.
ここケニアでは、大きな安堵感が広がっている。私はアニメーターのBenjamin Waithaka氏がイライラしながら働いているオフィス街の15階にいます。ワタカ氏は3Dウェブサイトをデザインしていますが、低速インターネットのために開きさえしないこともしょっちゅうで、顧客のためにデザイをつくってもネットを介して送れないので、ナイロビの交通渋滞と格闘しながら手持ちで届けなければなりません。

Benjamin Waithaka
Our frustration is actually an understatement for the traffic is sort of mad. Getting your job to a certain destination may take one hour, two hours but with a fibre optic cable then the whole idea of you going through the traffic, well pretty much is not there.
私たちのフラストレーションは、トラフィック(情報交換)がどうしようもないことです。ある場所で仕事を得るのには1時間、2時間かかることもありますが、光ファイバーがあれば全部のアイデアをトラフィックを通じて送ることができるのです。(Well pretty much is not there こんな苦労はしない、の意味か?)

But you're hoping if you can become more efficient as a business that will create more jobs?
仕事が増えるように、もっと仕事の効率化がはかれればと願っているのですか?

Absolutely yes. More jobs, yeah.
まったくその通りです。もっと仕事がふえます。

In theory the region could be on the brink of an exciting internet revolution. Businesses like call centres could boom here. But it all depends how well the service is rolled out. What is not clear is when the technology might reach the villages where for many accessing a reliable electricity supply and water are still the main priority.
理論的には、この地域はインターネット革命がおこる間際にあると言える。コールセンターのような事業はここで繁盛する可能性がある。しかし、すべてはサービスが提供されることにかかっている。
安定した電力供給や水がいまだに優先課題となっている村々に対して、いつ技術が導入されるかは、明らかでない。

雑感
大統領が嬉しいそうに「なんもかんもイー!」と言ったあとが、わかりません。軽く気が遠くなります。
レポーターが早口なのか? 高速インターネットだけに?

« 090722 日食は不吉 | Main | 090727西アフリカインターネット会議 »

ニュース」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事