« 090812サンパウロのテレビ犯罪 | Main | 090817ロシアで爆弾攻撃 »

090814パイロットはトレーラーハウス暮らし

09年8月14日の教材です。音声、語彙はこちらです。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/08/090814_witn_lax.shtml

タイトル
090814パイロットはトレーラーハウス暮らし
Mobile homes for LAX pilots

概要
At Los Angeles Airport - LAX - around 100 airline employees, from mechanics to pilots, are living in mobile homes parked next to a runway where jets land every few minutes. It's a sign of a harsh reality in an industry that once embodied glamour. Rajesh Mirchandani reports:
LA空港ではおよそ100名の整備士からパイロットにいたる航空会社従業員が、数分おきにジェット機が発着する滑走路横に駐車したトレーラーハウスで生活している。かつての花形産業の苛酷な現実である。

記事
Metres from one of the busiest runways in the world lies a cluster of trailers and motorhomes. Parking lot B at Los Angeles Airport is home to around a hundred pilots, mechanics and baggage handlers. Faced with job cuts and lower wages, many must now go where the work is.
世界有数の活気ある滑走路の数メートル先にトレーラーハウスやキャンピングカーがぎっしりと並んでいる。

Dana Hayes: "Come on in." Rajesh Mirchandani: "So this is home?" Dana Hayes: "This is home."
ヘイズ氏「さあ、どうぞ。」
レポーター「ここが家なのですか。」
ヘイズ氏「そうです。」

Every week Dana Hayes, a mechanic in his fifties, leaves his wife at their large home a thousand miles away. His small trailer offers cheap living - just $60 a month. Renting a room nearby would be at least ten times that.
50歳代の整備士であるヘイズ氏は、毎週、数千マイル離れた大きな家に住む妻のもとからやってくる。小さなトレーラーハウスにかかる生活費は、たった月60ドルである。近くの部屋を借りると、この10倍はかかるだろう。

Dana Hayes: "It's tough sometimes. It's better than paying rent. At least you can put a little money aside for retirement or something."
ヘイズ氏「大変な時もあるさ。でも、賃貸料を払うよりマシだ。少なくとも退職後かなにかのために少々でも蓄えることができるからね。」

In recent years the US airline industry has shed thousands of jobs and lost billions of dollars. Fears of terrorist attacks, rising fuel costs and a deep recession have hit hard. Even at the pinnacle, some feel the squeeze. Airline captain Bob Poster is one of at least four pilots living in Lot B.
ここ数年、米国の航空産業は数千の仕事を削減し、数十億を失ってきた。テロリストによる攻撃への不安、燃料費の上昇、深刻な景気後退によって手痛い打撃を受けてきた。産業の主要な担い手さえも経済危機のあおりを感じている。ポスター機長はB区に住む少なくとも4人のパイロットの1人である。

Bob Poster: "It's just... There's been a decline in our status, our pay, our benefits and I think it's just the world economy, world economics. Everything is just flattening out."
ポスター機長「私たちの地位、給料、社会保障は下がりました。世界経済、世界の経済状態も。なにもかもが停滞し、だんだんと下降しています。」

Airline jobs once brought respect and envy. Now many are just glad they are working.
航空会社で働くことは、かつては憧れと嫉妬の的だった。今や多くの人は、働けるだけでもよかったと思っている。

雑感
トム・ハンクスとレオナルド・ディカプリオの映画で「catch me if you can」ものがあります。ジェット機パイロットたちはモテモテで、制服を着ていさえすれば、どんなものも、どんな店でもツケで買い物できることに目をつけた高校生が、口八丁で制服を手にいれ、夢のような暮らしを始める・・・という話です。
コメディーであり、人情ものであり、社会派ドラマの一面もあり、とお気に入りの映画のひとつです。その機長さんたちが、滑走路わきのトレーラーハウス住まいだなんてと唖然としました。
そして、整備士やパイロットは安全を担う人たちなのに、その人たちがゆっくりと休めない環境にいるなんて、大丈夫なんでしょうか。航空会社の経営陣は、なにか対策をうって欲しいと願います。

« 090812サンパウロのテレビ犯罪 | Main | 090817ロシアで爆弾攻撃 »

英語」カテゴリの記事

Comments

賃貸するの?

The comments to this entry are closed.

« 090812サンパウロのテレビ犯罪 | Main | 090817ロシアで爆弾攻撃 »