« 米 先行き不安な宇宙旅行 | Main | クイーン・メアリーの最後の手紙 »

航空機 CO2削減目標押し上げる

9月11日の教材です。音声、語彙はこちら。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/09/090911_witn_aviation_climate.shtml

タイトル
航空機 CO2削減目標押し上げる
090911 Aviation causes rise in CO2 targets

概要
The UK's official climate change advisers have warned that households and businesses will have to make even deeper emissions cuts than previously planned, from 80% to 90% by 2050, so the aviation sector can continue to grow. Roger Harrabin reports:
英国気候変動顧問は、航空産業が成長を続けるには、2050年までに家庭および事業からの二酸化炭素排出を80%削減する計画から、さらに90%削減しなけれならないと警告した。

記事
Aviation is perpetually contentious in debates on climate change. The government says it wants people to be able to fly on holiday. But there's currently no technology that can radically cut emissions from planes.
気候変動について、航空産業では話がまとまらず議論が続けられている。政府は休日にも国民が飛行機を利用できるようにしたいと言っている。しかし、航空機からの温暖化ガスの排出を大幅に削減する技術は現状では存在しない。

The Climate Change Committee spells out the implications of that tension. The rest of the economy, it says, may have to cut its emissions 90% by 2050, so people can carry on flying in the meantime. The current target for the whole economy is 80%.
気候変動委員会は、不安な現状について明確に説明した。航空機の利用を続けるには、その他の経済活動は2050年までに排出を90%削減しなければならない。経済全体の現在の削減目標は80%である。

Green groups immediately demanded that the government should scrap its plans to expand Heathrow and other airports.
環境保護団体は政府に対し、早急にヒースロー及び他の空港の拡張計画を取り下げるよう求めた。

The Committee says aviation is a global problem, so it needs to be included in any deal in the coming climate change talks at the UN. Emissions from aviation in rich countries should be capped, then forced to return to 2005 levels, it says. Flying in poor countries should be allowed to grow for a while.
航空機産業は世界的問題であり、来る国連気候変動会議においてなんらかの合意がされる必要がある、と委員会は述べている。先進国の航空機産業に排出制限を課し、2005年の水準に戻すべきである、とも述べている。途上国の航空機産業は、しばらくの間、制限は課されない。

The government says it already supports the target of getting aviation emissions down to 2005 levels. But critics doubt ministers' plans for emissions to fall whilst aviation grows.
政府は、排出削減目標を達成に向けて、航空機産業に対する支援をすでに行っているという。しかし、航空機産業を成長させると同時に排出を削減するという大臣の計画の実効性は、疑問視されている。

« 米 先行き不安な宇宙旅行 | Main | クイーン・メアリーの最後の手紙 »

英語」カテゴリの記事