« 日本 排出削減 | Main | 航空機 CO2削減目標押し上げる »

米 先行き不安な宇宙旅行

9月9日の教材です。音声、語彙はこちらです。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/09/090909_witn_nasa_page.shtml

タイトル
米 先行き不安な宇宙旅行
090909 Future of US space travel uncertain

概要
A White House panel of independent space experts has raised serious doubts about NASA's plan to revisit the moon, or to send astronauts to Mars. From Washington, our correspondent Jonathan Beale reports:
ホワイトハウスの独立宇宙専門家委員会は、NASAの月を再訪し、または火星に飛行士を送る計画に深刻な疑問を呈している。

記事
Five years ago President Bush set out his lofty vision of sending astronauts back to the Moon by the year 2020. It was meant to be the staging post for the next frontier - a manned landing on Mars. Now a panel of space experts says that's pretty much pie in the sky.
5年前、ブッシュ大統領は2020年までに飛行士を再び月に送るという高邁な未来像を設定した。次のフロンティア、つまり火星に人が着陸するための立ち寄り地とするということだった。しかし、宇宙専門家委員会は、この計画は絵空事だと言う。

Their report, commissioned by President Obama, says the current US human spaceflight programme appears to be on an unsustainable trajectory. It suggests the only way forward is to increase the funding of NASA by billions of dollars, or to co-operate with private companies now embarking on commercial space flights.
オバマ大統領からの委任を受けた委員会は、現在の米有人飛行計画は継続困難であるとレポートで述べている。続行を可能にする唯一の方法はNASAへの供給資金を数10億ドル増やすか、民間企業と協力して営利的な宇宙旅行を始めるかであると示唆する。

The panel says visits to Near-Earth Objects such as asteroids are far more realistic too. The experts also argue for keeping the International Space Station going till 2020, rather than pulling the plug in six years' time.
委員会は、小惑星などの地球に近い物体を訪問するほうが、はるかに現実的であると指摘する。また、2020年まで国際宇宙ステーションを維持するほうが、6年間で継続を阻止するよりもよいと論じている。

雑感
pie in the sky =an expression meaning that something which you hope will happen is, in fact, very unlikely
ちゅーことで、ワタシの脳内にはたくさんのパイが浮かんでいるようです。

最後の文に6年間とある意味がわかりません。関連記事を読むと、計画の遅れが6年とあるのですが、つながるのかもよくわかりません。意味が通じなかったら、ごめんなさい。

« 日本 排出削減 | Main | 航空機 CO2削減目標押し上げる »

英語」カテゴリの記事