« テレビ番組とインターネット | Main | 米 先行き不安な宇宙旅行 »

日本 排出削減

9月7日の教材です。音声、語彙はこちらです。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/09/090907_witn_japan_climate.shtml

タイトル
日本 温室効果ガス排出削減
090907 Japan to cut harmful emissions

概要
Japan's Prime Minister-elect Yukio Hatoyama has said his country will aim for 25 percent cuts in greenhouse gas emissions from 1990 levels by 2020. The goal is more ambitious than targets set earlier. From Tokyo our correspondent Roland Buerk reports.
日本の次の総理大となる鳩山氏は2020年までに温室効果ガスの排出を25%削減して1990年のレベルにすることを目指すと発表した。この目標は前に設定されたものより大胆なものとなった。

記事
Yukio Hatoyama said Japan would urge countries around the world to set aggressive goals on climate change. He said Japan would aim to cut its own emissions by 25 percent from 1990 levels by 2020, significantly more than the 8 percent pledged by the outgoing Government. It's likely to face opposition from industry.
日本は世界の国々に率先して気候変動に関して意欲的な目標を設定すると鳩山氏は語った。2020年までに温室効果ガスの排出を25%削減して1990年のレベルにすることを目指すという。これは前政府の目標を8%上回り、産業界からの反対が予想される。

The reductions are to be achieved by introducing emissions trading, renovating houses, as well as subsidising solar panels and low-energy appliances and cars.
削減は、排出権取引、住宅改修、ソーラーパネルへの補助金支給、省電力電気製品、低燃費自動車の導入によって達成される見込みである。

After leading his Democratic Party to a landslide victory in a general election, Mr Hatoyama is due to be formally confirmed as Japan's Prime Minister by Parliament next week.
総選挙において自身の率いる民主党が圧倒的勝利をおさめ、来週には鳩山氏は正式に日本の総理大臣となる。

Japan is keen to play a leading role at United Nations' backed talks on climate change in Copenhagen in December. Countries will try to work out a new global agreement to reduce emissions to follow the Kyoto Protocol.
12月の国連コペンハーゲン気候変動会議において日本は主要な役割を果たそうと熱望している。京都議定書に次ぐ排出削減に関する新しい世界的合意が模索される。

« テレビ番組とインターネット | Main | 米 先行き不安な宇宙旅行 »

英語」カテゴリの記事