« 航空機 CO2削減目標押し上げる | Main | ペルー ミイラ発見 »

クイーン・メアリーの最後の手紙

9月18日の教材です。音声、語彙はこちらです。
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/09/090918_witn_mary_scots.shtml

タイトル
クイーン・メアリーの最後の手紙
090918 Mary Queen of Scots' last letter

概要
The last letter written by Mary Queen of Scots hours before her execution has gone on public display in Edinburgh this week. The document is on show for just seven days and could then be locked away for a generation to prevent it from being damaged. Colin Blane reports:
処刑の数時間前に書かれたスコットランドのメアリー女王の最後の手紙が、今週、エディンバーグで公開されている。わずか7日間の公開後は、損傷を防ぐため約30年間はしまいこまれることになる。

記事
Mary's life was a dizzying mix of romance and revenge. She was Queen of Scots, briefly Queen of France and aspired to be Queen of England too. She was sentenced to death for plotting against her cousin Queen Elizabeth. She wrote - in French - a final letter to the King of France:
メアリーは、ロマンスと復讐に彩られた波乱に満ちた生涯をおくった。彼女はスコットランド女王であり、短期間であったがフランス女王でもあり、イングランド女王ともなりたいと熱望していた。いとこのエリザベス女王へ謀略をめぐらした門で、死刑を宣告された。フランス王への最後の手紙をフランス語でしたためた。

Royal brother, having by God's will for my sins, I think, thrown myself into the power of the Queen my cousin, I have finally been condemned to death by her and her estates. Tonight, after dinner, I have been advised of my sentence. I am to be executed like a criminal at eight in the morning.
弟よ、私は自らの罪のため、神のご意思によって、いとこである女王の前にこの身を投げ出します。最終的に彼女と彼女の国から死刑を言い渡されました。今宵、夕食の後に刑を告げられました。罪人のように、朝8時に刑を執行される予定です。

Six hours later Mary was beheaded. The Director of Collections at the National Library of Scotland, Kate Newton, says her last letter was remarkable:
この6時間後に、メアリーは頭を切り落とされた。スコットランド国立図書館の収蔵局長であるケイト・ニュートン氏は、メアリーの最後の手紙は注目に値すると述べている。

Kate Newton: 'If you look at the handwriting it seems very composed, very calm. She goes through reasserting her Catholic faith, reasserting her right to the English crown, but she's also looking at her servants and making arrangements for them to have their wages paid after her execution, so it's really extraordinary that she was able to think about that, as well as everything else, in view of her impending execution only a few hours later.'
手書きの手紙を見ると、とても抑制され、平静な状態であるのがわかります。彼女は自らのカトリック教会への信仰、自らの英国王位継承権を確認していますが、一方では召使たちに、自らの刑の執行後、賃金が支払われるように気を配っています。とりわけ自らへの刑の執行を数時間後に控えて、そのようなことを考えることができたということが、並はずれたことです。

The Mary Queen of Scots' letter is in a glass case, it's about A4 size. The interesting thing is that it's quite gloomy in the room because of the fear that too much light could cause the ink on the letter to fade away.
スコットランド女王メアリーの手紙は、A4サイズほどの大きさのガラスケースに収納されている。光によって手紙のインクがあせるのを防ぐため部屋はきわめて陰鬱な雰囲気になっていることが興味深い。

Mary was 45 when she died but her line, like her letter, survived. The Stuarts endured for another hundred years.
メアリーは45歳でこの世を去ったが、彼女の家系は彼女の手紙同様に生き残った。スチュアート王家は、彼女の死後なお100年間続いたのであった。

雑感
30年に一度、見られるか見られないかのオリジナルだそうです。手紙も見たいですが、記事に使われているBBCのドラマも見たいです。

« 航空機 CO2削減目標押し上げる | Main | ペルー ミイラ発見 »

英語」カテゴリの記事