« Lang-8 | Main | エッフェル塔の階段がオークションに出品 »

HIV対策の新指針

09年11月30日のBBC Learning EnglishのWords in the Newsです。今日は世界エイズデーということで、HIVの話題です。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2009/11/091130_witn_aids.shtml

◆ タイトル
New guidelines for fighting HIV
HIV対策の新指針

◆ 概要
Ahead of tomorrow's World AIDS Day, the World Health Organisation has issued new guidelines for HIV treatment which would significantly increase the number of patients receiving anti-retroviral drugs. Madeleine Morris reports:

世界エイズデーを明日に控え、世界保健機関はHIV対策の新指針を発表した。新指針によって抗レトロウィルス薬を受け取れる患者数が飛躍的に増加することになる。

◆ 記事
At the moment, four million people around the world receive anti-retroviral drugs. There's another five million who need them but don't get them.
現在、世界で400万人が抗レトロウィルス薬の治療を受けている。
必要としながらも入手していない人々は、500万人である。

The WHO recommendations on when to start treatment for HIV would mean an extra three to five million people would be added to that waiting list. The WHO wants people who have HIV to start drugs before their immune systems get so weak they start displaying symptoms. A study recently published in the medical journal The Lancet showed starting treatment at the newly recommended level could increase survival by nearly 70%.
HIV治療を始めるべき時期についてのWHO勧告によって、新たに300から400万人が補欠人名簿に加えられることになる。WHOは、HIVにり患している人々の免疫システムが弱って症状があらわれる前に、投薬が始まるのを望んでいる。
医学雑誌The Lancetに発表された最近の研究によれば、新しく勧告された段階で治療を始めた場合には、生存率が70%近くも上昇するという。

It would also add significantly to the cost on health care systems. In South Africa, which has one of the biggest HIV burdens in the world, currently fewer than half of the people who should be receiving HIV drugs get them.
Poor health infrastructure is a common problem for nearly all developing countries. Putting HIV-positive people on drugs earlier would significantly reduce the cost to health systems of treating opportunistic infections - illnesses which take hold while the immune system is weak. It would also greatly improve life expectancy of HIV patients, with repercussions for families and the workforce.
それは、健康システムにかかる費用を増大させることになる。国民のHIVり患率が世界でも最も高い国のひとつである南アフリカでは、現在、投薬を受けるべき人数の半分以下にしか薬が渡っていない。
健康インフラが貧者なのは、ほぼすべての発展途上国も共通する問題である。
HIV陽性の人々に優先的に薬を回すことで、日和見感染症の治療にかかる健康システムの負担を大きく軽減することができる。日和見感染症とは、免疫システムが弱っているときにかかる病気である。
また、HIV患者の平均余命を延ばすとともに、家族や労働人口にも良い影響をもたらすであろう。

The WHO is still working out how much it would cost countries to improve their treatment regimes, but it won't be cheap.
WHOは、各国の治療体制を向上させるための費用を算出しているが、安くはないと思われる。

◆ 雑感
今日は、World Aids Dayちゅうことで、がんばりました!
日和見感染症・・・ええっ!?て思われるかも知れませんが、ちゃんとした専門用語なんですよー。私も驚きました。

« Lang-8 | Main | エッフェル塔の階段がオークションに出品 »

英語」カテゴリの記事