« ハイチ地震 | Main | 100122 廉価航空のEasyjet社 フランス労働法違反で告発 »

Twitter・日英アカウント使い分け

君問「英語の練習してみたいけれど、英語でtweetできる自信ないし、どうしようかな。」
我答「英語のアカウントをとって、まずは、やってみよ。」

私も「2つでtwitterやるのも、時間かけすぎになるよなあ。」と迷っていましたが、実際にやってみて、ようやく面白くなってきました。

最初は失敗
手始めに、オススメユーザーを、上から100人フォロー。
どういう人か、何をやっているか知らない人ばかり→興味もてない→放置

テーマを絞ってフォロー見直し
そこで、日本ニュースの英語版を中心にしてフォローを見直しました。
具体的には、
1. 日本のニュースを英語でtweetしているMainichi Daily News @mdnjpをフォロー
2. 毎日JPのフォロー先を見て、@GaijinPotを発見。日本に住んでいる外国の人のtweetが面白そうだと思い、GaijinPotのフォローやフォロアーから、日本に住んでいる外国の方をフォロー。
これだけなのですが、興味のもてるテーマでフォローしただけで、ぐっと面白くなってきました。

そして、現在
ようやく、
 日本ニュースの英語版
 英語を勉強している人
 日本に住んでいる外国の人
 法制度整備に関連しそうなもの
で一段落ついた感じです。

日本に住んでいる外国の方のtweetは、日々是発見です。
英語TLはハイチ地震を中心とした流れとなっています。現地からのダイナミックな情報が、直接に入ってくることもあります。
日英どちらも自分がつくったTLですが、まったくの別物で、それぞれを楽しんでいます。
クライアントは、複数アカウントを同時に管理できるHootSuiteを使うことが多くなりました。http://hootsuite.com/

追記
書き忘れました!
「英語でtweetしたいけど、どうしよう。」という時は、アルクのサイトが便利と思います。
http://www.alc.co.jp/
辞書の文例が豊富なので、言いたい単語を辞書検索して、その時の気分に一番あった文例をtweetすればOKOKです。
わたしがよく使っているのは、「天気」です。

« ハイチ地震 | Main | 100122 廉価航空のEasyjet社 フランス労働法違反で告発 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事