« 春の散歩 | Main | 写真俳句はじめました »

100312 リーマン非難の報告書

3月12日の教材です。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2010/03/100312_witn_lehman.shtml

タイトル
Report criticises Lehman Brothers
リーマン非難の法廷報告書

記事
The collapse of Lehman Brothers was the biggest bankruptcy in US history and sparked the worst financial crisis since the Great Depression.
This report, which runs to two thousand, two hundred pages, has found that the leadership of Lehmans, including the Chief Executive, Dick Fuld, deliberately used financial trickery going back to 2001, to make the bank appear healthier than it really was.
リーンマンの破たんは、大恐慌以来で最悪の金融危機を引き起こした合衆国史上最大の破産事例である。2200ページにわたる報告書は、Dick Fuld最高責任者をはじめとするリーマン経営陣が実際よりも健全であると見せかけるための会計上の操作を2001年より意図的におこなっていたと指摘している。

In 2008 alone this mechanism enabled Lehmans to remove 50 billion dollars from its balance sheet, allowing it to maintain a decent credit rating and investor confidence.
2008年単年度においても、会計操作によってリーマンは500億ドルをバランスシート上でごまかし、優良で信用に値する銀行であるの評価を保ち、投資家の信頼を維持している。

The report says that Lehman was unable to get an American law firm to sign off these transactions, and instead moved the work to its London office, with the blessing of a leading city law firm.
The bank's auditors also come in for criticism. Ernst and Young is accused of failing to question and challenge improper or inadequate disclosers in the bank's results.
報告書によれば、リーマンはアメリカの法律事務所よりこれらの取引について合意を得ることができなかった代わりにに、ロンドン市場で指導的な法律事務所の承認を得てロンドン事務所で業務をおこなうこととなったという。
リーマンの監査役も非難の的となっている。アーネスト&ヤング監査事務所はリーマン銀行の不適切な情報開示に対して説明を求めなかったという責任を問われている。

メモ
短かったし、日曜だし、がんばってみました。
challenge には、「正当性を問う」という意味もあるそうです。

« 春の散歩 | Main | 写真俳句はじめました »

英語」カテゴリの記事