« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

写真俳句はじめました

「写真俳句のすすめ」著:森村誠一 という本を見かけて、びびっときました。

ネットを使って、私も文章を公開することができるようになり、さらに、twitterでプロのみなさんの文章に日常的にふれる中で、「もっとうまく表現できればいいのに」と強く感じるようになりました。
そこで、茂木健一郎氏の「脳」シリーズや、浅田次郎氏の随筆や、禅の本を読んで、どのような訓練をすれば、思いや感情を言葉にすることができるのか、ということをずっと頭の隅で考え続けていました。
そういう時機に出会ったため、俳句をやろうという気持ちになったのかも知れません。
もともと散歩して、四季おりおりの自然の写真を撮るのが好きだったので、写真をきっかけにすれば、抵抗なく始められるようにも感じました。

難しいことは考えず、「これは」と感じた風景の写真を撮り、PCにアップし、「歳時記」を参照してイメージが浮かびそうな季語を見つけ、あとは五七五で文章を作るという基本原則でつっぱしっています。
お皿を洗っているとき、洗濯ものを干しているとき、道を歩いているときなど、考えてない瞬間に「ぱっ」と思い浮かぶことが多いです。
漠然としたイメージが、言葉になった瞬間というのは、瞬間的に脳が喜んだのを感じます。
季語のつみ重ねである歳時記の頁を繰るたびに、これまで何気なく見過ごしてきた風景の再発見をするのも楽しいです。

さらに、怖いもの知らずの初心者の特典をつかって、英語俳句にも手を出しています。
日本語のような字数の決まりはなく、3行の英文を作ればいい・・・らしいです。
「3行でいいなんて、楽勝!?」と思いきや、日常表現が多くて、四苦八苦していますが、Lang-8に英語の写真俳句をアップしてみようと野心を燃やしています。

ところで、twitterで #haiku を検索してみると、俳句のtweetの8割くらいが日本語以外の外国語でした。先日、#kawaii も、外国勢に占拠されているのを知ったばかりなので、そう驚きはしなかったのですが、俳句の説明抜きで、すんなりと入っていけたのは嬉しいです。俳句の普及に努めてくださった皆さんのおかげですね。ありがとうございます。

「写真俳句」というフォトアルバムに、つくった俳句を集めています。

100312 リーマン非難の報告書

3月12日の教材です。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2010/03/100312_witn_lehman.shtml

タイトル
Report criticises Lehman Brothers
リーマン非難の法廷報告書

記事
The collapse of Lehman Brothers was the biggest bankruptcy in US history and sparked the worst financial crisis since the Great Depression.
This report, which runs to two thousand, two hundred pages, has found that the leadership of Lehmans, including the Chief Executive, Dick Fuld, deliberately used financial trickery going back to 2001, to make the bank appear healthier than it really was.
リーンマンの破たんは、大恐慌以来で最悪の金融危機を引き起こした合衆国史上最大の破産事例である。2200ページにわたる報告書は、Dick Fuld最高責任者をはじめとするリーマン経営陣が実際よりも健全であると見せかけるための会計上の操作を2001年より意図的におこなっていたと指摘している。

In 2008 alone this mechanism enabled Lehmans to remove 50 billion dollars from its balance sheet, allowing it to maintain a decent credit rating and investor confidence.
2008年単年度においても、会計操作によってリーマンは500億ドルをバランスシート上でごまかし、優良で信用に値する銀行であるの評価を保ち、投資家の信頼を維持している。

The report says that Lehman was unable to get an American law firm to sign off these transactions, and instead moved the work to its London office, with the blessing of a leading city law firm.
The bank's auditors also come in for criticism. Ernst and Young is accused of failing to question and challenge improper or inadequate disclosers in the bank's results.
報告書によれば、リーマンはアメリカの法律事務所よりこれらの取引について合意を得ることができなかった代わりにに、ロンドン市場で指導的な法律事務所の承認を得てロンドン事務所で業務をおこなうこととなったという。
リーマンの監査役も非難の的となっている。アーネスト&ヤング監査事務所はリーマン銀行の不適切な情報開示に対して説明を求めなかったという責任を問われている。

メモ
短かったし、日曜だし、がんばってみました。
challenge には、「正当性を問う」という意味もあるそうです。

春の散歩

春麗な天候に誘われて、年代もののデジカメを手に、散歩にでかけました。

沈丁花 香りただよう 春の辻
Winter daphne is blooming.
Sweet-sented air
  is hanging around.
100311jinchoge

浜辺では、女の子たちが、なにかボール競技の練習をしていました。
100311afterschool_2 

乙女椿

買い物にいったら、道路わきの乙女椿が満開でした。
恥ずかしいのですが、写真俳句もどきをやってみます。

100303b

ひな祭り 乙女椿も 咲き満ちる
On Girl's Day,
a camelia which is named maiden camelia
  celebrates the day.

春ですね!

ひさびさに晴れて、気持ちがよかったので、大好きな春の花、たんぽぽ、ぺんぺん草、つくし、オオイヌノフグリを入れて、絵を描きました。
100304
ぺんぺん草は、葉っぱを少し下げて、回して「ぺん、ぺん」という音をたてて遊びました。
つくしは、近所の土手に生えたのをごっそりと摘んできて、母に佃煮にしてもらいました。
オオイヌノフグリは、チョコレートケーキにみたてた泥まんじゅうに飾って、「お花のケーキ」と思ってました。
たんぽぽは、綿帽子をふっと吹いて、飛んでいく綿毛を見送りました。
どの花も、子供のころに遊んだ記憶がいっぱいです。

« February 2010 | Main | April 2010 »