« Xperiaは優秀な秘書さん | Main

TwitterでHaiku in English

前に「写真俳句始めました」というエントリーを書いたのですが、なぜか、写真俳句が英語のHaikuになりました(汗)。
そして、twitterの英語アカウントが、なぜかHaikuアカウントになりました(汗)。

思いつきで、日英アカウントで、写真と文を投稿していたら、英語のほうで、あれよあれよという間にretweetやらフォローやら、リストやらに入れていただくなどの反応をいただいて、反応があると嬉しいので、熱が入る・・・と自然の流れでこうなりました。
ちょうど桜の季節で、桜の吸引力を借りられたというメリットもあったと思います。

桜が散っあとも、ぽちぽちと投稿していましたが、やはり桜ほどの魅力ある被写体は少なく、しばらくはRTをいただくこともなく、外国のみなさんがつくったhaikuや詩を読んでいました。
それでも、喜び、怒り、悲しみ、楽しみなどの感情が綴られたtweetを読んでいると、英語表現の巧みさばかりではない、楽しさを感じていました。
公式ページのRetweetを見て、多くの人がRTした詩を繰り返し読んで、それが人々の共感をよんだ理由を考えたりもしていました。

詩のtweetを読む一方で、ほかの#haikuユーザーの普通の発言を見てみると、「RTありがとう」、「どういたしまして」と、これまで馴染みの薄いやりとりが、頻繁に行われているのに気がつきました。
そして、リストについても、「入れてくれて、感謝します」。
FollowFridayについても、「あなたの推薦リスト入れていただいて、光栄です」。
というやりとりがおこなわれていました。
私自身、しばらくやってみてわかったことですが、詩作をしているユーザーにとって、素敵な詩をいつも投稿している方から、「この人はいいよ。」と推薦をいただくことは、たしかに光栄なものなのです。

「郷に入れば郷に従え」で、わたしも積極的にRTをして、RTのお礼をいただいたら、よかったと思う点などを伝えて…と、他の方のやりとりを参考にして、発言してみました。
努力の甲斐あってか、やっとこさ、「英語で詩の投稿をする奇特な日本人」との認識を得られたように感じています。

followさせていただいている方も増えて、地域もかなり広がりました。
今、把握しているところでは、英国、ヨーロッパ、北米、オーストラリア、インド、中東、日本です。

新しいことを始めたばかりのワクワク感は、慣れるにしたがって褪せていくので、毎日の記録をこちらの新ブログにつけることにしました!
Hut of yupi
http://hut-of-y.blogspot.com/

« Xperiaは優秀な秘書さん | Main

Haiku」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事