日記・コラム・つぶやき

写真俳句はじめました

「写真俳句のすすめ」著:森村誠一 という本を見かけて、びびっときました。

ネットを使って、私も文章を公開することができるようになり、さらに、twitterでプロのみなさんの文章に日常的にふれる中で、「もっとうまく表現できればいいのに」と強く感じるようになりました。
そこで、茂木健一郎氏の「脳」シリーズや、浅田次郎氏の随筆や、禅の本を読んで、どのような訓練をすれば、思いや感情を言葉にすることができるのか、ということをずっと頭の隅で考え続けていました。
そういう時機に出会ったため、俳句をやろうという気持ちになったのかも知れません。
もともと散歩して、四季おりおりの自然の写真を撮るのが好きだったので、写真をきっかけにすれば、抵抗なく始められるようにも感じました。

難しいことは考えず、「これは」と感じた風景の写真を撮り、PCにアップし、「歳時記」を参照してイメージが浮かびそうな季語を見つけ、あとは五七五で文章を作るという基本原則でつっぱしっています。
お皿を洗っているとき、洗濯ものを干しているとき、道を歩いているときなど、考えてない瞬間に「ぱっ」と思い浮かぶことが多いです。
漠然としたイメージが、言葉になった瞬間というのは、瞬間的に脳が喜んだのを感じます。
季語のつみ重ねである歳時記の頁を繰るたびに、これまで何気なく見過ごしてきた風景の再発見をするのも楽しいです。

さらに、怖いもの知らずの初心者の特典をつかって、英語俳句にも手を出しています。
日本語のような字数の決まりはなく、3行の英文を作ればいい・・・らしいです。
「3行でいいなんて、楽勝!?」と思いきや、日常表現が多くて、四苦八苦していますが、Lang-8に英語の写真俳句をアップしてみようと野心を燃やしています。

ところで、twitterで #haiku を検索してみると、俳句のtweetの8割くらいが日本語以外の外国語でした。先日、#kawaii も、外国勢に占拠されているのを知ったばかりなので、そう驚きはしなかったのですが、俳句の説明抜きで、すんなりと入っていけたのは嬉しいです。俳句の普及に努めてくださった皆さんのおかげですね。ありがとうございます。

「写真俳句」というフォトアルバムに、つくった俳句を集めています。

春の散歩

春麗な天候に誘われて、年代もののデジカメを手に、散歩にでかけました。

沈丁花 香りただよう 春の辻
Winter daphne is blooming.
Sweet-sented air
  is hanging around.
100311jinchoge

浜辺では、女の子たちが、なにかボール競技の練習をしていました。
100311afterschool_2 

乙女椿

買い物にいったら、道路わきの乙女椿が満開でした。
恥ずかしいのですが、写真俳句もどきをやってみます。

100303b

ひな祭り 乙女椿も 咲き満ちる
On Girl's Day,
a camelia which is named maiden camelia
  celebrates the day.

春ですね!

ひさびさに晴れて、気持ちがよかったので、大好きな春の花、たんぽぽ、ぺんぺん草、つくし、オオイヌノフグリを入れて、絵を描きました。
100304
ぺんぺん草は、葉っぱを少し下げて、回して「ぺん、ぺん」という音をたてて遊びました。
つくしは、近所の土手に生えたのをごっそりと摘んできて、母に佃煮にしてもらいました。
オオイヌノフグリは、チョコレートケーキにみたてた泥まんじゅうに飾って、「お花のケーキ」と思ってました。
たんぽぽは、綿帽子をふっと吹いて、飛んでいく綿毛を見送りました。
どの花も、子供のころに遊んだ記憶がいっぱいです。

更新とどこおり中

9月半ばから、本来やるべきこと&したいことが、忙しくなってきて、時間と精神をそちらに集中させています。
10月すぎてからかな、とのんびり予測していたのが、1か月ほど早まった感じです。
これからブログのほうは、どうしたものかな。
BBCの翻訳自習は、各回1時間以上と時間と手間がかかるので、個人的に聞く学習は続けていきますが、翻訳アップはこれまでのようにやるのは、難しいと思います。
ただ、翻訳自習は効果を感じているので、「これは」と思ったものを、週1くらいの頻度でやっていきたいと思っています。

twitter気に入ったー

7月8日に「twitterはじめました」の記事をアップしてから、2週間ほどがたちました。
ズバリ、twitter気にいりました。
きっかけは、こちらとか読んでみて、アタマを柔らかくしてみたことかな。

twitterの自分のページは、私がフォローしているみなさんの「つぶやき」で構成されています。
どうやらこれはタイムラインと呼ばれているらしいのですが、「つぶやき」からなるタイムラインは、量も内容も流れの速度さえも、制御不能です。
それを眺めて、ときどき、@で呼応したり、RTで繰り返してみたりしていたら、なんだか自分がクラゲになったような気分になってきました。
さまざまな「つぶやき」の中を漂いながら、ときたま、赤や緑や青などの光を発しているような感じです。
そうなんです。
「つぶやき」の海を漂うクラゲになったみたいな感覚を楽しんでいます。

twitterはじめてみました

BBCラーニングのkeep your English up to date で「tweet」というtwitterから派生した語の回があります。
それを読んで、新しい言葉が次々に生み出されているサービスを使ってみたくなって、登録してみました。

設定言語は日本語と英語が選べるので、わかりやすい日本語に設定しました。
そして、つぶやき検索をしてみると、検索結果としてあがってくるのは、日本語設定の利用者のつぶやきのみ。
検索語に英文を使っても、やはり検索結果は日本語設定者のつぶやきだけでした。
twitter利用者は、世界中にいるはずなのに・・・。

それならばと、設定言語を英語に変えて、同様の語句で検索してみると、世界のつぶやきがずらーーーっと検索されました。その中には、日本語設定のときに表示されていたつぶやきは含まれていませんでした。

というわけで、twitterのつぶやきは、日本語、英語、どちらでも入力できるけど、
検索対象は設定言語で仕切られている・・・らしいことがわかりました。
利用者の大部分は英語を選択しているだろうし、話題になっている各国内でのつぶやきも拾えたほうが、面白そうなので、選択言語の設定を英語に変えました。

それと、私の使っている携帯は、SMS送信に対応してないので、オンライン上のメモとして使うには、ちと不便です。
日本では本名登録は一般的でないので(私もHN登録だが)、知りあいも見つからず、一人でニュースサイトをfollowしつつ、毎日の行動記録をつけています。
http://twitter.com/yupius
フォロー、解除、お気軽にどうぞ。

BBCラーニングの活用を工夫中

三日坊主で終わるかと思いましたが、意外にも、続いています。
そのかいあって、ブログ過去ログは溜まってきています。
ですが、肝心の知識のほうは、忘れているものも多くなりました。
そこで、過去のものを埋没させず、かといって復習のためのだけに時間をとろうとすれば、ますます遠ざかるので、日常のすきま時間で復習するために、こんなことをしています。

diamond手帳に貼ってみた!
「情報は1冊のノートにまとめなさい」という実用書を読んで以来、A5サイズのノートを手帳として使っています。
A5サイズになのは、バッグを持ち歩くので大きくてもよいこと、A4用紙に50%縮小印刷して張り付けるのが具合がよかったからです。
そして、BBCラーニングイングリッシュのwords in the newsもA4用紙に50%縮小印刷すると、記事本文と語彙がちょうど1枚におさまります。
ノートの見開きに貼ると、休憩中や移動中などのすきま時間に読むのにちょうどいい感じです。
手帳はいつも持ち歩くので、これから一人でマックに入っても、トレーに敷いた紙をじっくり読むこともなくなるかも・・・。

diamondCDに焼いてみた!
インドネシアの航空機事故の記事から、最近のものまでをCD一枚に焼きました。
ニュースと語彙だけでは、なかなか一枚分にはならないので、keep your English up to dateもいくつか加えました。
直接MP3でダウンロードできるので、音質もいいですし、興味あるニュースやこれから使いそうな時事英語が含まれているニュースを選んで焼いたので、自分用の時事英語学習CDができました。

Xbox バレットウィッチ

コネタマ参加中: 最近ハマっていることを教えて!


バレットウィッチと天体戦士サンレッドに超!夢中!!なのです。サンレッドについては、またコミックの感想で書くとして、今回は、バレットウィッチについて書きます!
DODのcavia製作ということで、画像が好みそうと感じたのが、購入を検討したきっかけです。
アマゾンのレビューを見ると、好き嫌いが分かれていて、悩んだのですが、インターネットで実況動画をみて、「やれそう」と思い、購入を決めました。

ところで、動画って、いいですね!
買う前・・・参考になる。
ゲーム中・・・攻略ヒントになる。
自力クリアできないとき・・・エンディングが見られる(これ、とても重要!)。
それから、熱意あるファンのかたが精魂こめて作ったくださったMADも、余韻に浸れたりできて、いろいろ探して見るのがとても楽しいです。

キャラクターデザインなど視覚面
それましたが、実況をアップしているかたは達人なので、「やれそう」と思ったのは、なかば幻想でしたが、楽しんでいます。操作キャラクター=軍服姿の男だと、視覚的に楽しくなく食指がのびませんが、バレットウィッチはいい感じです。
というわけで、視覚面ではばっちり好みです。
たぶん、caviaのキャラクターデザインやムービーは、好みなんだと思います。

操作性
視覚面が最重要ポイントなので、操作性や死にやすさは気になりません。
見ていて楽しければ、多少の苦役は喜び変わります。
敵とであっても、動いていれば、あまり当たりません。初期のマシンガンは照準が小さくて苦手ですが、ガトリングは照準も大きいので当てやすいです。
ガトリングが重くて動きが鈍くなりますが、撃つ→ジャンプ回避→撃つ→回避の繰り返し戦法になんとか慣れてきました。

現在(ステージ5まで)の感想
難易度はイージーにもかかわらず、へっぽこな腕にかかったアリシアさんは、ゲームオーバに次ぐゲームオーバーを重ねつつも、巨大銃を抱えて昼の住宅地(ステージ1)や月の美しい夜の街(ステージ2)や、もう二度とゴメンと思った地下道(ステージ3)や、どこまでも続く線路(ステージ4)を駆け抜け(駆けてないと撃たれて死ぬ)、今は霧のたちこめる山間(ステージ5)でスナイパーに悩まされています。

ステージ1
レベル1のマシンガン一丁、カラスなしで戦ったステージ1は、一番の難所でした。前のウォルナッツヘッドと後ろでいっせいにわいたガイストたちの挟み撃ち・・・辛かった。
初回プレイ時だけは、ガイスト一斉わきはなかったらよかった・・・。

ステージ2
何度もレジスタンスをギガースの下敷きにさせてしまいました。ゴメンナサイ。

ステージ3
このゲームで初めて「ギョッ!」としました。DODのエンディング2以降で大量赤さんを見たときの感覚です。
ギョッと感があるなら、純愛感もあるのだろうか?期待はしてませんが・・・・。
どうやって空港ロビーを切り抜けたのかはよくわからないのですが、運よく、敵がばらけていたときになんとかなりました。ロビーでは、利用客を一人、ワームマン化させてしまいました。ゴメンナサイ。
3面をクリアしたとき、「もうNew Gameは選べない。最後まで進もう。」と決めました。地下線路のワームマンはもういやなので。

ステージ4
線路とギガース登場までは、カラス飛ばしつつお散歩気分で行けます。
その後は、いやになるほど、ヘリコプターで敵の増援部隊がやってきます。地上の部隊をやっつけつつ、新たなヘリの音に気をつけ、やっつけ次第、そっちへ行く、と走りまわって、なんとかクリア。疲れました。

ステージ5
不時着ヘリの後ろに一人、陸橋の横に一人、陸橋向かいの山道に二人、陸橋のつながる尾根上に一人を倒して、「これで安心note」とのんきに平野を歩いていたら、赤外線スコープがのびてきて、壁つくる前にやられてしまいました。
いったい何人スナイパーがいるんでしょうかsweat02
このステージでは、レジスタンスのお兄ちゃんたちがついて来るのですが、このお兄ちゃんたち、アリシアさんよりも死にやすいのに、中にヘルメットを被っていないお兄さんがいて、とても気になります。敵にあったときは、「あいつら、どれだけ俺たちのことが好きなんだよ」とか言いつつ、突っ込んで行くので、援護カラスを飛ばすのに忙しいです。

追記
ステージ5、6とクリアして、エンディングを見ました。
アクションものでしたが、予想外にも純愛テイストもありました。たぶん、2種類あります。

ステージ5続き
前に書いた4人のスナイパーを倒したあと、橋をわたると、2人のスナイパーがいました。装甲車・バリケード・ガイスト集団を3つほど遠距離攻撃とカラスで削って進んでいくと、村につきます。村の教会の祭壇を抜けて入った森に、苦手なやつらがわんさかいました。
森を抜けると、濃霧の中に、またもやバリケードとガイスト集団が複数配置されていました。カラスでちまちま削って進んだ先で、ある方と再会です。
ある方は、あるアニメの うだつのあがらなおっさん と同じ声なので、初めて聞いたステージ3では笑えて仕方なかったのですが、ここでは、しんみりしてしまいました。

ステージ6
ステージ2と同じ街ですが、建物が壊れて地形が変わっているし、結界は張ってあるしで、迷いまくりました。
しかも、暗い!
暗くて見えないよ!!もう~!!!
道に迷った時は、マクスウェルたちを探すといいかも知れないです。曲がり角あたりで、たむろしてるので、目印にしました。
ラスボス戦は、エレメントショットなど魔法を使うと、魔力不足になってガトリングの球がだせなくなるので、ガトリングのみでひたすら攻撃しました。
10分間くらい、回避しながら、ひたすら撃ったので、疲れました。

エンディングムービーは、なかなか良かったです。
アリシアとマクスウェルが、これまで握手してもらえなかった&できなかったのが、いい伏線になっています。






本格的に読み始めて一カ月

BBCラーニングイングリッシュのWords in the newsを本格的に使い始めて一カ月がたちました。ブログに載せることで、サボリ心の歯止めになっているようです。週3回の更新で、さぼってたら、スカスカになるというのもありますが・・・。

私のWords in the newsの使い方は、まずwebで
1.  音声を2、3回聞く
2.  Vocabularyを下の語彙説明を読みながら聞く
3.  テキストを読みながら音声を聞く
ということをやります。

それから、テキストをダウンロードして、
1. テキストをワードにコピペする
2. ワードの辞書機能を使いながら訳す
3. 訳した文書をブログにアップ

音声ファイルもダウンロードして、携帯音楽プレーヤーに入れる。
家にいるときは、外部スピーカーから聞いています。
一度じっくり読んだものなので、記憶の喚起、定着、に役立っているように感じています。
CD一枚分(長さで70分くらい?)たまったら、CDに焼いてみようと思っています。

vocabularyにない単語や言い回しもわからないものがあるので、ワード2007のオンライン辞書機能は重宝しています。yahooなどのweb辞書のほうが、訳の内容的にも量的にも優秀ですが、ちょっと意味があいまいなときの確認には、十分使えるように感じます。

あとは、自分でニュースを選んでいると、どうしてもジャンルが偏りがちになりますが、BBCラーニングを使うと、いろいろなジャンルをカバーしてあるのがいいです。
ニュースや新聞などで情報をとるときは、注意して情報に接するようになったような気がします。関連報道があると、「あっ」と目をひかれます。

より以前の記事一覧